ワタナベッカム、本戦までの期間限定、『ウイイレスキルアップ』したため帖。
ec2006.exblog.jp
by e-2006
Top
おきたクン
2005年 12月 27日
寝ぼけながら無農薬で育った無農薬な高菜(自生とも呼ぶ)をぶっかけた茶漬けを掻き込む。訴えてやる。眠い。大そうじも古紙の片付けも終わっていないというよりむしろ始めていない。世間では耶蘇教の祭りも終わって今度は天照大神に向かおうとする昨今、毛唐の球蹴り遊びのシミュレーション(否シュミレーション。同様に、○せんじゃ×せんしゃ)で自らの身体を壊す主夫30歳。その熱を帯びた指先は無意識に冷たいところへと伸びていく。新三共胃腸薬のビン。冷たい。冷たいよパトラッシュ。このFe製のフタがヒンヤリとして心地よく。相方は今更になって中島みゆきのパクラレ検証サイトを観ながらフフンと笑う。ジーやんからのメールに昨日のかねよ寄席に鶴瓶師が青木先生を引っ提げ飛び入りしたと記してあり愕然とする。「生つるべ」用の稽古がてらだそうだ。それこそ拍子の悪い日々であり、それでも僕らは同じ時間を過ごし、漫才の稽古をしなくてよい自分の身柄を安堵の旅路へいざなう。


うん。正解。プレステの電源を入れたけれどやりたないワタナベッカムの現実逃避な書きなぐり。やははーわははー。


やる。片付けを(そっちかい)。
[PR]